HOME/ AINOW編集部 /カワスイ 川崎水族館がWithコロナに対応!エッジAIで生き物を認識しディスプレイに表示
2020.07.17

カワスイ 川崎水族館がWithコロナに対応!エッジAIで生き物を認識しディスプレイに表示

最終更新日:

かざすAI図鑑「LINNÉ LENS」を運営するLinne株式会社は、カワスイ 川崎水族館において2020年7月17日 から「LINNÉ LENS Screen」の提供を開始しました。

「LINNÉ LENS Screen」は4Kカメラ映像をAIでリアルタイムに解析し、生き物の種名と解説を大型のディスプレイやタッチスクリーンに自動で表示する次世代の展示システムです。

館内では8個の水槽のライブ映像をLinneが独自に開発したエッジAIシステムでリアルタイムに解析し11台のスクリーンに同時配信します。

解説の表示は2種類あり、生き物のアイコンをタップして解説を表示するインタラクティブモードと、衛生面に配慮した展示手法として、種名と解説を自動表示するタッチレスのオートモードを搭載しています。

カワスイ 川崎水族館に設置されたディスプレイ画像(インタラクティブモード)

カワスイ 川崎水族館に設置されたディスプレイ画像

カワスイ 川崎水族館内ではかざすAI図鑑「LINNÉ LENS」を無料・無制限で利用可能です。200種超の生き物に対して飼育員によるオリジナル解説を見ることができます。

来場者は自身の携帯端末を利用することで展示物へ接触することなく、関心のある展示種の解説を聞くことができます。また、携帯端末で認識した結果の写真はアプリに自動的に図鑑として記録され、帰宅後に読み返すこともできます。

2020年7月17日時点で「マクセル アクアパーク品川」、「アクアワールド茨城県大洗水族館」、「市立しものせき水族館 海響館」、「ネオパークオキナワ」、「沖縄美ら海水族館」、「カワスイ 川崎水族館」の計6施設においてLINNÉ LENSを無料・無制限で利用できます。

また、各施設のオリジナル解説は、上の6施設だけではなく「サンシャイン水族館」と「鳥羽水族館」の施設内でも見ることができます。

▼関連記事

Linne株式会社は、国内外の複数施設との提携サービスの開始を予定していて、withコロナ時代の水族館・動物園・博物館施設をテクノロジーを応援するサービスの開発・提供していくとしています。

▼YouTubeでも解説中!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

あなたにおすすめの記事

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー