HOME/ AINOW編集部 /広告効果の高い人物モデルをAIで生成する「極予測AI人間」をサイバーエージェントが提供開始
2020.10.28

広告効果の高い人物モデルをAIで生成する「極予測AI人間」をサイバーエージェントが提供開始

最終更新日:

株式会社サイバーエージェントは、企業やブランドごとのターゲティングに適した 人物モデルをAIでオリジナル生成し、さらに「広告効果の出せる人物モデル」へと育成する「極予測AI人間」を11月より提供すると発表しました。

「極予測AI人間」で生成された架空の人物モデル

【極予測AI人間の特徴】
  • 企業ブランディングに適した、多種多様な髪型・ボーズ・シチュエーション・国籍の人物モデルの生成が可能で、場所や時間、契約の条件にとらわれない
  • 企業ブランドごとに、配信メディアの特性やターゲット属性に合わせた服装や髪型を生成し分け、高い広告効果を実現
  • 広告配信後の実績を学習させることで、さらに効果の高い人物モデルを生成可能に

「極予測AI人間」は、サイバーエージェントが取り組むAIを活用して広告クリエイティブを制作する「極予測AI」の効果予測技術と、株式会社CyberHumanProductionsのデジタルヒューマンCG制作技術をかけ合わせて実現しました。

極予測AI:現在配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブに対し、新クリエイティブの効果予測値を競わせ、AIによる効果予測値が既存1位よりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品。静止画・動画の両形式に対応

▼詳しくはこちら

2020年初頭からの国内での新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、広告・プロモーションに必要な素材の撮影や人物モデルを起用した撮影が中止されるなど、撮影の場所や時間の制約が強まっている現状があります。サイバーエージェントによると、特に人物モデルの撮影の難易度が高いといいます。モデルの選定からスケジュール調整、撮影スタジオの環境整備など、多くの課題を抱えています。

また、運用型の広告では、広告効果を維持するために、多種多様で大量の広告クリエイティブ(バナー画像など)を制作しなければならず、撮影自体が制限される昨今の状況下では、さまざまな衣装や髪型、ポージングや背景が異なる人物モデルの追加撮影ができず、人物素材を追加で準備すること自体が困難を極めています。

以上を背景に、サイバーエージェントでは、GAN(敵対的生成ネットワーク)による架空の人物モデルの大量生成と、「極予測AI」の効果予測を何度も繰り返すことで、企業やブランドごとのターゲットに適した「オリジナルの人物モデル」を生成し、さらにAIで広告効果の高い人物モデルへと育成していく「極予測AI人間」を11月から提供します。

近年、GANの技術開発が急激に進み活用も進んでいます。

GAN(敵対的生成ネットワーク)は、偽物を作ろうとするジェネレーターと、偽物かどうかを見抜くディスクリミネーターの2種類のAIで構成されたネットワークです。

はじめのうちは学習量が足りないため、ジェネレーターはクオリティの低いコンテンツを生成し、ディスクリミネーターに、偽物だと見破られてしまいます。しかし、学習を重ねるうちに、ディスクリミネーターが偽物だと見破るのが困難な生成物をアウトプット可能になります。

GANは、主に画像などのコンテンツの生成に使われるAIのアルゴリズムです。内部には生成を担う「ジェネレーター(Generator)」と生成物が本物かどうかを区別する「ディスクリミネーター(discriminator)」の2種類のモデルが敵対的に競うことで、より実物に近い人物画像などを生成できます。

GANのサービス活用は近年、急激に進んでいます。例えば、イメージナビ株式会社は同社が運営する写真・イラスト・動画素材販売サイト「imagenavi」にて、GANで生成した人物画像の販売を2020年7月から開始しています。

また、株式会社データグリッドは、GANを活用して、実在しない人物の全身画像を自動生成するAI「全身モデル自動生成AI」を2019年に発表しました。

GANは、特に広告分野で注目を集めています。ユーザの行動が多様化し、一人ひとりに合ったOne to Oneなマーケティングが求められる今、一人ひとりに合ったバナー画像を生成してパーソナライズを行うことで、さらに高い広告効果が期待できるからです。

今回の「極予測AI人間」では、生成された人物モデルによる広告効果を再学習し、さらに精度の高い広告クリエイティブが生成できるように工夫されており、今後の広告領域におけるAI発展の大きなさきがけとなるでしょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

シナモン創業者の堀田氏がDX戦略の勝ちパターンを解説|戦略デザインのポイントとは

機械学習におけるモデルとは?|モデルの種類や「よいモデル」とは何かについて

AI・データ分析プロジェクトを成功に導く“ビジネス力”とは|組織が陥る落とし穴はここだ!

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/12更新】

Word2vecとは|モデルの種類やその仕組み、活用事例まで紹介!

テレワーク 生産性下がる

【生産性が下がる!?】テレワーク導入による問題と解決方法を徹底解説!

テレワーク導入事例/アイキャッチ

【成功の秘訣】業種別・課題別で見るテレワーク導入事例

テレワーク中の電話対応_転送はどうする_おすすめのサービスを紹介!のアイキャッチ画像

テレワーク中の電話対応はどうする?おすすめのアプリを紹介!

テレワークにおけるの課題とは? 【人事担当者必見!】のLP

テレワークにおける人事評価制度の課題とは?【人事担当者必見!】

【テレワーク導入事例集】 成功_失敗事例や勤怠管理導入事例を紹介!のアイキャッチ画像

【テレワーク導入事例集】成功/失敗事例や勤怠管理導入事例を紹介!

あなたにおすすめの記事

シナモン創業者の堀田氏がDX戦略の勝ちパターンを解説|戦略デザインのポイントとは

機械学習におけるモデルとは?|モデルの種類や「よいモデル」とは何かについて

AI・データ分析プロジェクトを成功に導く“ビジネス力”とは|組織が陥る落とし穴はここだ!

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/04/12更新】

Word2vecとは|モデルの種類やその仕組み、活用事例まで紹介!

テレワーク 生産性下がる

【生産性が下がる!?】テレワーク導入による問題と解決方法を徹底解説!

テレワーク導入事例/アイキャッチ

【成功の秘訣】業種別・課題別で見るテレワーク導入事例

テレワーク中の電話対応_転送はどうする_おすすめのサービスを紹介!のアイキャッチ画像

テレワーク中の電話対応はどうする?おすすめのアプリを紹介!

テレワークにおけるの課題とは? 【人事担当者必見!】のLP

テレワークにおける人事評価制度の課題とは?【人事担当者必見!】

【テレワーク導入事例集】 成功_失敗事例や勤怠管理導入事例を紹介!のアイキャッチ画像

【テレワーク導入事例集】成功/失敗事例や勤怠管理導入事例を紹介!