HOME/ AINOW編集部 /《AI婚活》自治体サービスや人気アプリ、メリット・デメリットを紹介
2021.12.06

《AI婚活》自治体サービスや人気アプリ、メリット・デメリットを紹介

「AIを用いた話題の婚活サービス。試してみたいけど、少し不安。」

「婚活アプリ、たくさんあって、どれが良いのかわからない…」

婚活を始めようとしている人の中には、このように思っている方も多いでしょう。

マッチングの性能向上が期待される中、婚活サービスにAIを導入する動きは注目を浴びています。

しかし、調べてみても「AIを用いた婚活サービス」に対する不安がなくならないという方、または「AIを用いた婚活サービス」は種類が多いのでどのサービスを利用すべきかわからないという方も多いと思います。

そこで今回は「AIを用いた婚活サービス」の仕組みから、メリット・デメリット、そしてアプリや、自治体のサービスに至るまで詳しく解説します。

本記事を読んだら、きっと「AIを用いた婚活サービス」に対する知識がより一層深まるはずです。ぜひ最後までお読みください!

▼AIについて詳しくはこちら

AI婚活とは

婚活サービスにはいくつもの種類があります。

アドバイザーが個人的にサポートしてくれる結婚相談所や婚活パーティー、マッチングアプリを利用するなど、婚活の方法は多岐にわたります。しかし、結婚までお付き合いが続く生涯のパートナーを見つけることは難しいものです。

AI婚活とは、AI(人工知能)を用いた婚活サービスを指します。このサービスは従来の結婚相談所とは異なり、人の提案を介さず、AIの技術で相性の良い相手を提案するというのが大きな特徴です。

AI婚活の仕組み

次に、AI婚活の仕組みを見ていきましょう。

ここではAI婚活のサービスの1つであるsieger(シーゲル)を例に挙げて、AI婚活の仕組みを見ていきましょう。

過去の成婚事例をAIが学習

過去にシーゲルを利用して、結婚をしたペアのデータをAIが学習します。そのデータには、入会する際にユーザーが登録した紹介文や年収、趣味、職業の他に、結婚生活に期待することなどが含まれます。

データを基にAIはマッチングアルゴリズムを構築します。

▶AIのアルゴリズムについてはこちらで解説しています>>

個人の情報をAIが解析

シーゲルに登録した際に入力した情報をAIが解析します。AIによる解析は、人の手による解析とは異なり、年収や趣味、職業といったユーザーのデータを数値化して取り扱います。

そのため、AIの解析には、人間による解析ではどうしても避けられない「データの解釈の曖昧さ」がありません。

相性の良い相手をAIが提案

過去の成婚実績データと、あなたの情報を組み合わせて、AIによって相性が良いと判断された相手を複数提示します。

あなたがシーゲルに登録した希望条件も考慮されるので、マッチング精度は高いです。

AI婚活のメリット

「AIを用いた婚活サービス」への知識が深まったところで、AI婚活のメリットについて深堀していきましょう。今回紹介するメリットは以下の2つです。

  1. 婚活にかける時間の短縮
  2. マッチングの精度の高さ

それぞれ解説していきます。

1. 婚活にかける時間の短縮

AI婚活のメリットとして、婚活にかける時間の短縮が挙げられます。

婚活パーティーやマッチングアプリを利用して婚活をする際、「相手を選ぶ」過程がつきものです。

自分に代わって、AIが相手を選び提案することでこの過程が省略できます。

また、結婚相談所のアドバイザーが行うよりも、AIが行うほうがマッチングの提案までの時間が短いため、通常の婚活に比べてスムーズに相性の合う相手を見つけられます。

2. マッチングの精度の高さ

精度の高さもAI婚活のメリットです。

従来の結婚相談所のアドバイザーは個人の実務年数や実力によって、紹介の精度に差ができてしまうことが問題でした。

プロフィールの処理から提案までをAIが行うことで、高い精度で紹介することが可能です。

また、AIが過去の成婚事例をもとに、お互いの価値観が合う相手を提案するため、結婚まで付き合いを続けられる可能性が通常の婚活に比べて高いです。

価値観が合うという要素は、結婚相手を選ぶときに重視する上位の要素として挙げられます。

▼詳しくはこちらのデータをご覧ください。

20~40 代の恋愛と結婚 – 明治安田総合研究所(p16)

AI婚活のデメリット

「AIを用いた婚活サービス」にはメリットがある一方で、どのようなデメリットがあるのでしょうか?AI婚活のデメリットは以下の2つです。

  1. 細かなサポートが受けられない
  2. 人の感情までは分からない

それぞれ解説していきます。

1. 細かなサポートが受けられない

AI婚活のデメリットとして、細かなサポートが受けられないことが挙げられます。

AI婚活の場合、相性の良い相手の提案まではスムーズに進みます。しかし、結婚相談所のようにアドバイザーによる細かいサポートが受けられません。

具体的には、マッチングした後のデートのセッティングのサポートや、服装、メイクのサポート、会話のアドバイスなどはありません。

交際経験のない方や、極度の人見知りの方にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

2. 人の感情までは分からない

AIによる提案で交際まで進んだものの、AIが汲み取ることのできないような違和感が生まれることもありえます。

結婚相談所のようにアドバイザーがついている場合、交際を進める上で湧き上がる感情や悩みに対しては適切なサポートができますが、AIにはできません。

▶AIによるメリット・デメリットは?人工知能の問題点と解決策も紹介>>

AI婚活に対する意見|『気になるけど、実際どうなの??』

以下では、AI婚活を使ったことがない人の意見を3つほど紹介します。

全体的にマッチング機能に期待する声が多くありました。やはり、ビッグデータを活用したマッチング精度の高さはAI婚活の魅力の1つでしょう。

おすすめのAI婚活アプリ5選

ここからは、おすすめのAI婚活アプリを紹介します。今回紹介するのは以下の5つです。

  1. ペアーズエンゲージ
  2. Match(マッチドットコム)
  3. Dine(ダイン)
  4. バチェラーデート
  5. ゼクシィ縁結び

それぞれ解説していきます。

1. ペアーズエンゲージ

 概要

累計会員数 1000万人
目的 婚活
利用年代層 20代〜40代
入会金 男性:〜4,300円/月・女性:無料

特徴

  • コンシェルジュに相談できるチャットサポート体制

どのようにAIが使われているか

  • AIが利用履歴を学習し、おすすめの異性を紹介!

口コミ

全体的にコンシェルジュのサービスを評価する声が多くありました。やはり、コンシェルジュに相談できるチャットサポートはペアーズエンゲージの魅力の1つでしょう。

2.Match(マッチドットコム)

概要

累計会員数 250万人
目的 婚活
利用年代層 30代前半~40代後半
入会金 男女とも:〜4490円/月

特徴

  • 女性だけが無料のアプリと比べて、会員の質に男女で差がないのも特徴!

どのようにAIが使われているか

  • 「いいね」をクリックした異性のタイプをAIが学習して、使う回数を重ねるごとに、よりあなた好みの異性を紹介!

口コミ

全体的に年齢層が高くてもマッチしやすいことを評価する声が多くありました。やはり、会員の質に男女で差がなく、精度の高いAIマッチングはMatchの魅力の1つでしょう。

3.Dine(ダイン)

概要

目的 デート
利用年代層 20〜30代
入会金 男女共通:〜6500円/月

特徴

  • 日程調整からお店の予約までがアプリで完結します。
  • 「Dine protect」という機能を導入しており、お店を予約する際にクレジットカードの登録が必要なので、キャンセル料が引き落とされる仕組みによりドタキャン率が低いです。

どのようにAIが使われているか

  • AIが居住地域や性別、アプリ内での行動ログなどを独自に分析して、最適な相手を紹介
  • AIがユーザーの顔写真の好みを学習する「スマート検索条件」機能

口コミ

全体的にマッチングしてからデートまでの時間が短いという声が多くありました。やはり、日程調整からお店の予約までがアプリで完結することはDineの魅力の1つでしょう。

4.バチェラーデート

概要

累計会員数 20万人以上
目的 デート
利用年代層 20代前半~40代後半
入会金 男性:〜29800円/月・女性:無料

特徴

「バチェラーデート」には、審査基準が設けられているのが特徴です。

例えば、男性の場合、優良企業社員、経営者または管理職、公務員​、医師、士業、研究者などの専門職といった職業の人が対象です。

女性の場合は、CA、モデル、秘書、看護師、美容関連、女医、芸能関係、OL、学生などです。

どのようにAIが使われているか

  • AIが登録された条件をもとに自動でマッチング!
  • 相手の検索やいいね!は一切不要!
  • AIが登録された予定をもとにデートの日時・場所を自動でセッティング!
  • 1時間のカフェデートで効率良し!コスパ良し!
  • デート相手を評価することで、AIが学習!

口コミ

全体的にデートした相手に評価されることで次に活かせるという声が多くありました。やはり、恋愛成績表はバチェラーデートの魅力の1つでしょう。

5.ゼクシィ縁結び

概要

累計会員数 140万人
目的 婚活
利用年代層 女性 20代後半〜30代、男性 30代
入会金 男女ともに:4,490円/月

特徴

  • AIではなく、お見合いコンシェルジュが日程を調整して、はじめてのデートに最適な待ち合わせ場所をおすすめしてくれる!

どのようにAIが使われているか

  • AIが希望の条件で検索検索や活動から、異性の好みを学習して、おすすめの異性を毎日4人紹介!

口コミ

全体的に利用者の婚活意識が高いという声が多くありました。やはり、AIマッチングで婚活意識の高い異性と出会うことができるのはゼクシィ縁結びの魅力の1つでしょう。

地域に特化した自治体のAI婚活サービス3選

ここからは、地方自治体が提供するAI婚活サービスを紹介します。今回紹介するのは以下の3つです。

  1. 【埼玉】恋たま
  2. 【栃木】ベリーマッチング
  3. 【山梨】やまなし出会いサポートセンター

それぞれ解説していきます。

【埼玉】恋たま

「SAITAMA出会いサポートセンター(通称・恋たま)」は、埼玉県の結婚支援センターです。

開設された2018年10月から成婚退会をした累計カップル数は149組にのぼります。

希望条件と価値観診断の受検データ、そして過去の交際・成婚事例から相性の良い異性をAIが紹介します。

好みの異性を検索して自ら探すことも可能ですが、AI紹介によるパートナーとの巡り合わせは42%と精度が高いことがわかります。

【栃木】ベリーマッチング

「とちぎ結婚支援センター(通称・ベリーマッチング)」は、栃木県の結婚応援サイトです。

2017年4月以降から現在までの成婚数は498名で、会員同士の成婚数は135組270名にのぼります。

AIが利用履歴を学習して検索して相手を探す際に、「ビッグデータからのおすすめ」が表示されます。

【山梨】やまなし出会いサポートセンター

「やまなし出会いサポートセンター」は山梨県の婚活支援サイトです。2015年1月に県で設置され、累計成婚カップル数は103組にのぼります。

会員の行動履歴をビッグデータとして活用し、利用回数を重ねるごとに、類似した好みを持つ同性や好みの異性の傾向が統計的につかめるようになり、高いレベルであなたの好みに合致する相手を表示できます。

AIを活用した婚活は今後メジャーになる?

株式会社タップルは“2021年のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は、前年比23%の増加で768億円に。2026年には、2021年比約2.2倍の1,657億円に拡大する“と予測しています。

AI技術を強みとした婚活アプリサービスはますます増えていくとともに、データの蓄積に伴い精度も向上していくことでしょう。

地方自治体が提供するAIを活用した婚活サービスも同様です。

内閣府は地域少子化対策重点推進交付金で結婚に対する取り組みを行う自治体を支援しています。

令和3年度 地域少子化対策重点推進交付金の概要によると、重点課題事業の1つにAIを始めとするマッチングシステムの高度化を挙げています。

このことから、地方自治体が提供するAIを活用したサービスのさらなる広がりが予想されます。

▶AIは今後どういった進化を遂げるのか。そして私たちへの影響は?>>

まとめ

今回は「AIを用いた婚活サービス」について詳しく解説してきました。いかがだったでしょうか。

婚活サービスは現在も広がり続けていて、より身近な存在になりつつあります。これからもAIを用いた婚活サービスは進化し続け、利用者数もますます増えていくはずです。

また、AI婚活を始めることを検討している方は、今回紹介したメリットとデメリットを踏まえて、おすすめのアプリや自治体サービスを参考にしてみると良いでしょう。

▶関連記事|恋愛からビジネスまで!今話題の【AIマッチング】その実力は?>>

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

アリババDAMOアカデミー、2022年のテクノロジートレンド予測を発表

エクサウィザーズ、パーソルテクノロジースタッフのDX/AI人材の育成を共同で開始

河川水位をAIで予測。三信電気とMatrixFlowがAIを共同開発

日テレ、ドコモら3社がニュース記事自動要約サービスを開発、β版の提供開始

【製造業でも進むDX】先端技術や新素材を活用した社会課題の解決へ -三井化学DXオンラインイベントレポート

【無料から】AIやDXがテーマの講演依頼はこちら

あなたにおすすめの記事

アリババDAMOアカデミー、2022年のテクノロジートレンド予測を発表

エクサウィザーズ、パーソルテクノロジースタッフのDX/AI人材の育成を共同で開始

河川水位をAIで予測。三信電気とMatrixFlowがAIを共同開発

日テレ、ドコモら3社がニュース記事自動要約サービスを開発、β版の提供開始

【製造業でも進むDX】先端技術や新素材を活用した社会課題の解決へ -三井化学DXオンラインイベントレポート

【無料から】AIやDXがテーマの講演依頼はこちら