HOME/ AINOW編集部 /CS業務に特化したAIチャットボットの秘密とは|カラクリ株式会社
2022.08.03

CS業務に特化したAIチャットボットの秘密とは|カラクリ株式会社

最終更新日:

カラクリ株式会社は、SaaS事業やAI事業を手掛けるベンチャー企業です。主にカスタマーサポートに特化したAIチャットボットやAIアルゴリズムの研究開発などのサービスを展開しています。

カラクリ株式会社のチャットボットを導入している企業は、メルカリやSBI証券をはじめ、数多くの企業が利用しています。

本記事では、そんなカラクリ株式会社について、紹介していきます。

カラクリ株式会社とは

カラクリ株式会社について、

  • 企業概要
  • ビジョン
  • 沿革

を紹介します。

企業概要

社名 カラクリ株式会社
設立 2016年10月3日
所在地 104-0045
東京都中央区菊池2丁目7-3 CAMEL菊池2 5階
代表取締役社長 小田志門
売上高 2億7636万8000円
(2022年1月現在)
資本金 6億7140万4千円

ビジョン

“Friendly Technology ~テクノロジーの価値を全ての人が享受できる社会~
私たちカラクリ株式会社は、『世界中の誰もが、テクノロジーが産み出す価値を享受できる社会』を創るため「今までにないカラクリで世の中を豊かに」をミッションに掲げ、〈 KARAKURI 4 VALUES 〉を策定し、日々の活動の中で体現しています。”

カラクリ株式会社は、深層学習をはじめとする機械学習などの人工知能や量子物理学などの先進テクノロジーを、人々を助けること・人類を前進させることに活用し、世の中を豊かにする事業を展開しています。

また、自社のAI技術を活用することで、従来のやり方を全く新しい視点で見直し、100倍の生産性を実現しようとしています。

沿革

2016年10月 カラクリ株式会社設立
2017年10月 カスタマーサポートの現場で使えるAI「Karakuri」をリリース
2018年1月 「保険見直し本舗」の採用エントリーページに「Karakuri」を導入
2018年3月 チャットボットソリューションの「Kata.ai」と業務提携
2018年8月 ニッセン通販サイトの問い合わせ対応に「Karakuri」を導入
2018年8月 本社オフィスを築地に移転
2018年11月 フリマアプリ「メルカリ」の質問対応に「Karakuri」が採用
2019年1月 カスタマーサポート特化型AIチャットボット「KARAKURI」が、質問・回答パターンの登録・学習を行うためのインターフェース領域で特許を取得
2019年4月 情報セキュリティにおける国際認証規格の「ISO / IEC 27001」を取得
2019年10月 従来のサービスのアルゴリズムを刷新し新たに「KARAKURI chatbot」の提供を開始
2020年4月 カラクリ、レブコム、キャスターの3社が、コールセンター向け「リモートワーク導入支援サービス」で連携
2020年12月 カラクリ、チャットボットとFAQの一元管理ができる「KARAKURI smartFAQ」が特許を取得
2022年3月 高島屋に「KARAKURI chatbot」を導入

カラクリ株式会社が最も注力しているプロダクト・サービス|KARAKURI

カラクリ株式会社は、AISaaS「KARAKURI」をシリーズで展開しています。今回は、そのシリーズを紹介していきます。

KARAKURI chatbot

KARAKURI chatbotは、カスタマーサポート領域に特化した、AIチャットボットです。自動応答により、顧客の問い合わせに対して自己解決できるように促せます。そのため、問い合わせ数が増加しても、対応品質を落とすことなく効率的に対応できます。

管理画面はシンプルで分かりやすく、使用方法を理解するまで徹底したサポートがあり、安心して簡単に運用できます。

KARAKURI chatbotは、チャットボットにAIが搭載されているため、的確な答えが返せなくても、正しい答えを学習させることで精度が向上していきます。その結果、人を増やさないで問い合わせに対応できるため、満足度の維持と同時にコスト削減ができます。

KARAKURI smartFAQ

KARAKURI smartFAQは、チャットボットに登録したQ&Aデータを使って、FAQページを自動生成できます。そのため、チャットボットとFAQページの二重管理がなくなり、効率よく自己解決コンテンツを運用ができます。

従来のFAQページのキーワード検索は、回答の単語が含まれていないとヒットしませんでした。smartFAQでは、入力されたキーワードが含まれていないときも、AIが判別して関連性が高いQ&Aを表示させることが可能です。

KARAKURI smartFAQは、チャットボットに登録したQ&Aデータを使ってFAQページを自動生成します。1日10分程度チャットボットのメンテナンスをするだけで、FAQページは常に最新の状態にできます。

KARAKURI talk

KARAKURI talkは、チャットボットでは回答できないような複雑な質問や、オペレーターに交代したほうがよい「お客様トラブル」に対して、チャットボットと有人チャットの連携を可能にします。適切なタイミングで連携することで、お客様を待たせることなくスムーズに回答することができます。それにより、満足度の高い顧客体験を提供します。

問い合わせ内容に応じて、習熟度の高いオペレーターへの自動割り当てを可能にします。これにより、たらい回しになるリスクや質問が解決できずに離脱するリスクを軽減できます。

KARAKURI hello

KARAKURI helloは、顧客が「今何に困っているのか」を予測し、適切なサポートをリアルタイムかつ自動で行うことができるKARAKURI chatbotのオプション機能です。商品やサービスに疑問を抱いても、問い合わせをしないで利用をやめる「サイレントカスタマー」を救います。

また、導入会社の顧客管理システムと連携することで、顧客ごとに最適化されたサポートを行うことができ、サービスの継続利用率が向上します。

KARAKURI skills

KARAKURI skillsは、在庫切れの商品をチャットボット上で確認できるようなシステム連携を、すばやく簡単に実現できるオプションです。そのほかにも、資料請求やセミナー、キャンセル理由などチャットボット上で情報取得できるフォームも作成できます。

カラクリ株式会社の特徴|AIアルゴリズムの研究開発とソリューション開発

カラクリ株式会社の特徴として挙げられる、AIアルゴリズムの研究開発とソリューション開発について紹介します。

カラクリ株式会社は、深層学習をはじめとする機械学習アルゴリズムの基礎・応用研究やソリューション開発を行っています。主なAI分野は3つあり、「自然言語認識」「時系列データ予測」「組み合わせ最適化」です。それぞれについて紹介していきます。

自然言語認識AI

自然言語認識AIは、カラクリ株式会社が提供しているサービス「KARAKURI」シリーズなどにも搭載されています。自然言語認識の正答率は業界初の95%保証を実現しています。

カラクリ株式会社の自然言語認識AIは、研究開発で培ってきたノウハウやデータを利用して、AIチャットボットに特化するように改良することで高精度な会話体験を実現させました。

また、カラクリ株式会社の自然言語処理AIは、テキストマイニング、ドキュメント検索エンジン、リスクモニタリングなど、言語を処理するあらゆる場面で活用が可能です。

時系列データ予測AI

カラクリ株式会社の時系列データ予測AIは、東大大学院で人工知能の最先端の研究を行うチームと協力して研究開発を行っています。時系列データ予測AIでは、既存データの整理から改良サイクルの設計までをサポートしています。

カラクリ株式会社が提供している時系列データ予測AIは、小売業のマーケティング支援や風力発電など再生可能エネルギーの普及、スマート工場化の実現など幅広い分野で活用されています。

組み合わせ最適化AI

組み合わせ最適化とは、膨大な数の離散的な組み合わせから、最適な解を探し出す処理のことです。

たとえば、物流の効率的な配送ルート探索やワークフォースマネジメント、収益性の高い金融商品の組み合わせなど、さまざまな分野で活用できる技術です。

一方で、膨大な計算が必要なため、従来のアルゴリズムでは高速化が困難と言われています。

カラクリ株式会社では、量子コンピュータのプログラミング世界大会で優勝したデータサイエンティストを筆頭に、組み合わせ最適化問題を高速で解決する量子コンピュータの研究開発を進めています。

カラクリ株式会社の最新の動向

カラクリ株式会社が提供しているKARAKURI chatbotは、数多くの企業に導入されています。

2022年5月には、「Google for Startups Growth Academy Tech 2022」に採択されました。
「Google for Startups Growth Academy Tech 2022」とは、スタートアップのさらなる成長を支援するプログラムです。データマネジメントや機械学習を活用してビジネスの成長を目指すスタートアップを対象に、データ分析や機械学習、そして運営やリーダーシップについて学び、実践につなげていくオンラインプログラムです。

このプログラムを通して、収益化の流れを意識したデータ戦略を学び、蓄積された知識やデータを有効活用する戦略の最適化を実現し、事業を加速させます。

カラクリ株式会社の採用情報

募集職種

カラクリ株式会社が募集している職種は以下の通りです。

  • Account Executive (エンタープライズセールス)
  • Accounting Specialist (経理財務スペシャリスト)
  • Open Position
  • Part-time Job/Intern

応募概要

試用期間

6カ月

給与

日給月給制

福利厚生

  • 社会保険・労働保険完備
  • 交通費全額支給
  • エンジニア・デザイナーなど技術職は希望スペックのPCを貸与
  • オフィスの椅子は『エルゴヒューマン』
  • 全職種 27インチディスプレイの貸与
  • ドリンク飲み放題
  • 書籍購入制度有り
  • セミナー・勉強会参加費の会社負担
  • インフルエンザ予防接種の会社負担
  • 月1懇親会費の会社負担
  • オフィスから3分の場所にジム&休憩・宿泊施設完備

休日

週休二日制(土日祝)

まとめ

今回は、カラクリ株式会社について紹介してきました。

カラクリ株式会社は、CS業務に特化したサービスを展開し続けています。KARAKURIは、「ITrevewチャットボットカテゴリーレポート2022Spring」で満足度No.1を獲得しており、今後の成長に注目です。

The Playersシリーズでは、AI関連の企業にフォーカスした記事を書いています。さまざまなAI企業を比較することで、成功するAI関連企業の法則が見えてくるかもしれません。

前回のPlayersはこちらから

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA