AIアクセラレーター第10期(2019年09月〜2019年11月)採択企業_

最終更新日:

日本初のAI特化型アクセラレータープログラム「AI.Accelerator」第9期(2019年09月〜2019年11月)の採択企業7社をご紹介します。61社のみなさま、ご応募ありがとうございました。第11期(2019.12-2020.02)生募集を開始しておりますので「AI.Accelerator」サイトをぜひご覧ください。

<過去バッチの模様はこちらから>
アクセラレーター1期生
アクセラレーター2期生
アクセラレーター3期生
アクセラレーター4期生
アクセラレーター5期生
アクセラレーター6期生
アクセラレーター7期生
アクセラレーター8期生
アクセラレーター9期生

<採択企業への取材、本取組に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ>
ディップ株式会社 AI.Accelerator担当 e-mail: ainow@dip-net.co.jp

<本取組に関する記事用素材はこちらからお気軽にどうぞ>
プレスセンター

AI搭載型クラウドIP電話:MiiTel

サービス概要
「営業におけるコミュニケーションに革命をもたらす」サービスです。営業トークを可視化することで、営業の「なぜ?」を明確にします。「なぜ、成約/失注したのか?」「なぜ、営業パフォーマンスが高い/低い」のかを可視化できます。具体的には、CRMと連携したインターネット電話(03番号で発信可能)と、その電話で交わされた会話を解析する人工知能を提供して、担当者や顧客が「何を」「どの様に」話したかを見える化します。

代表者

會田 武史

2011年から三菱商事株式会社に入社し、自動車のトレーディング、海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行、クロスボーダーの投資案件・新会社設立、政府向け大口入札案件、M&A案件等に従事。

オンライン商標登録サービス:Cotobox

サービス概要
「オンラインで簡単に商標の登録ができるサービス」です。

利用方法としては、まず考えたネーミングをに入力します。すると、Cotoboxが過去に出している商標と被っていないかをチェックして、商標として使えるかどうかを判断。その後、お客様にご登録いただき、外部で提携している弁理士に情報が送られます。弁理士が最終チェックをして、商標申請という流れになっています。

代表者

五味 和泰
早稲田大学理工学部卒、米国 南カリフォルニア大学法学修士。特許事務所で10年間、知財実務に従事。2015年、はつな知財事務所を設立。2016年2月より現職。日本弁理士会、日本商標協会に所属。

ヒトの深層心理をAIが読み解き、超・高精度なレコメンド:3iエンジン

サービス概要
オンラインユーザーの行動履歴などから、パーソナリティ心理学をベースとした性格データを生成して、1人1人に対してより快適で、かつ企業にとって効果の高い広告配信やコンテンツリコメンド等を行うためのAIモデルを開発しています。

これまでに基礎となるアルゴリズムや広告配信の体制構築が一部完了しており、当初のPoCとして実施した実際の広告テストにより、性格と広告クリックに相関性が見られる(広告のCTRが26倍、CVRが3倍以上にに向上)ことを確認しています。

代表者

山内大輔
国際基督教大学卒業後、地元青森県の新聞社や楽天インフォシークでのプロデューサー職などを経て、2007年に起業。新規事業を立ち上げるとともに、SEOやサイト制作を主業務とする。リーマンショック等のあおりを受けて会社を清算した後、マイクロソフトでポータルサイトの運営に従事。2014年には株式会社DMM.com創業者の直属部署で立ち上げたメディア事業をMBOで取得し、約1年で3000万PV、売上1億円に到達。メディア運営を通じて、インターネットにおける情報流通のあり方に疑問を感じ、2017年に株式会社ID Cruiseを設立した。

感性を数値化する脳波解析サービス:SandBox

サービス概要
機械学習/統計モデルを用いて、動画や広告を見た時にヒトが経験する感情を高次元にデコーディング/推測します。動画を例に挙げると、ある動画データのみから、その動画を見た時に顧客がどの様な感情(集中, 退屈, 喜び, 悲しみ, 同意, 反感, etc.)を抱くかを、毎秒毎に推測することができます。その結果を踏まえ改善案をクリエイター側と共有する事で、KGIを飛躍的に向上させる事が可能だと考えています。

代表者

菊地秋人
大学在籍中にプロゲーマーとして活躍。アジア大会準優勝、世界大会出場を成し遂げる。東京ゲームショウにて試合解説者としても登壇。その後、自身の原体験から、脳関連のコミュニティ「VR Alliance」を立ち上げ、200名ほどが所属。計算論的神経科学/認知科学領域の研究者と共同研究を経て、株式会社SandBoxを創業。脳とインターネットを接続させ新しい生き方を創り出すことを目指し、脳波を活用したサービスを展開する。

AIがユーザーに合った旅行先を提案する:AVA Travel

サービス概要
ユーザーの性格や旅行に関する条件をもとにAI(人工知能)が適した旅行先を提案。旅行先情報の閲覧・保存から、航空券・ホテル検索まで可能です。

AIが多くの情報を自動収集し、その中からユーザーに合った情報を判断し提供。ユーザー自ら複数の旅行情報サイトを閲覧しにいく必要はありません。ユーザーの旅行そのものをもっと便利に、楽しいものへとしていきます。

代表者

宮崎 祐一
楽天でインターネット広告に関する事業へ携わった後、AIを活用したホテルの料金設定(Dynamic Pricing)事業を展開する空へ転職。情報の収集自動化や分析、AI・旅行業界での経験を積み、AVA Intelligenceを起業。自身でも約30ヶ国へ旅行した経験を活かし、AIを活用した旅行サービス『AVA Travel』を開発・提供している。

エンジニアと企業を繋ぐ エンジニア採用マーケティングエンジン DISCOVER

サービス概要
DISCOVER(ディスカバー)は、エンジニアを必要としている企業のために、インターネットで情報発信するエンジニアとの接点を生み出し、社外エンジニアとの接点をマネジメントできるデータドリブンな採用マーケティングエンジンです。インターネット上での情報発信者を集約する独自のサーチアルゴリズムや、レコメンド技術によってソーシャルスカウトからタレント管理まで実施できます。

代表者

久保田 健瑛
名古屋大学大学院情報科学研究科修了(情報科学修士)。グロービス経営大学院経営研究科修了(MBA)。富士通株式会社で、携帯電話ソフトウェアの研究開発、プロジェクトマネジメントに従事。ITベンチャーであるアイティア株式会社に参画し、技術責任者として、画像解析・合成技術に関連したスマホアプリ開発、発明などに従事。SNSカメラアプリKawaiiCamを開発し、150万DLを達成。2015年、アハクラフト株式会社を設立し、社内メールから企業内における社員のストレス状況を可視化する技術「ストレスレポーター」を開発。情報科学の背景とフルスタックエンジニアリングを強みとし、実ビジネスに情報科学技術を繋ぎ込むエンジニアリングに長けている。


アクセラ長より

常時募集中

今回で60社を超えたAIアクセラ。毎期多数のスタートアップ様を泣く泣くお断りすることになってしまっていますがなるべく多くのAIベンチャーを生み出していくべく常時募集をしてますので、こちらよりぜひご応募ください!

AI.Acceleratorの実績等

「AI.Accelerator」サイト
「AI.Accelerator」第1期(2017年6月〜9月)採択企業
「AI.Accelerator」第1期キックオフの模様
「AI.Accelerator」第1期デモデイの模様
「AI.Accelerator」第1期デモデイ参加者の感想レポート
「AI.Accelerator」第1期採択企業のプログラム終了後の声を生のままお届け
「AI.Accelerator」第2期(2017年9月〜11月)採択企業

<採択企業への取材、本取組に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ>
ディップ株式会社 AI.Accelerator担当 e-mail: ainow@dip-net.co.jp

<本取組に関する記事用素材はこちらからお気軽にどうぞ>
プレスセンター

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する