Deep Learningを超える!? 数学を使った新しい分析手法TDAとは?


どーも! まじすけです!

学部の研究内容で取り扱っているTopological Data Analysis (以下TDA) を紹介します👀

TDAって?


日本語に訳すと位相的データ分析と呼ばれ、柔らかい数学と言われる「トポロジー」を使ったデータ分析である。日本では東京大学・会津大学名誉教授 國井利泰氏、東北大学の平岡先生を中心に、実用化に向けての研究が行われている。

何に使われてるの?

富士通

2016年に富士通研究所が時系列データの高精度解析にTDAを用い、実験に成功した。

平岡研究室

日本のTDAの最先端研究室であり、タンパク質の構造分析にTDAを使用。

AYASDI

総額100億円の資金調達を成功させたAI Platformを運営するAYASDI。オフィスをシリコンバレーに構え次の統計の時代を築き上げるTDAを研究/開発している。

仕組みはこうである。

1. 超複雑なデータを用意する
2. 点を広げて穴を作る
3. 穴の生まれた時と死んだ時で新しいグラフを作る

このように各点を膨らませると、小さい穴ができて消えていく。

新しい穴ができる位置をbirth、穴がなくなっちゃう時をdeathにするとこんなグラフができる。

以上の手順で複雑なデータに「形」を与えることができ、形からは「意味」を知ることができる。

クラスタリング手法では見落としてしまうような複雑なデータも、TDAを用いた高水準データ解析によって明確に分析することができるようになります。

Deep Learningを超える!?とタイトルにありますが、実際はTDAで分析したデータを深層学習させるという手法も多く取られています。

しかしデータを判別/分析をするという点ではTDAの方が上手だと言えることができます。

今後は?

TDAいかがでしたでしょうか? まだまだ応用が未発達な分野ですが、まじすけ研究シリーズとして今後はTDAについて紹介していきます!
次回はAYASDIのブログからいくつか抜粋して解説しようと思います💪

ABEJAさんとお話したい…
確かABEJA代表の岡田さんはデイープラーニングの次を見ていると述べられていた気がします。
TDA研究の最前線で活躍されているエンジニアさんとお話したいので、ここでオファーさせてください!

参考URL

Qiitaまとめ
ALBERT official blog

次の記事はコチラ

AIプラットフォームAYASDIの最新テクノロジー! トレンドは”Fin-Tech”じゃなくて”Reg-Tech”?

まじすけ

明治大学総合数理学部FMSでTDAやAIの研究を行なっている学部4年生。大学院の受験勉強の合間に研究内容をサッと紹介! 最近はまっているのは糖質ダイエットで、週3回いきなりステーキのワイルドステーキでお腹を満たす。幸せ。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
AINOW編集部がピックアップしてお届けしています。
以下のフォームから、お気軽にご登録ください♪

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する