HOME/ 注目のニュース /【掲載数64】AIアノテーションカオスマップ2020が公開!
2020.07.14

【掲載数64】AIアノテーションカオスマップ2020が公開!

最終更新日:

AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、アノテーションのサービス、ツールをまとめた「 AIアノテーションカオスマップ2020」を2020年7月14日に公開しました。

AIsmileyとは、AI(人工知能)を搭載したサービスを紹介し、企業に最適なソリューションを提供するメディアです。

今回のカオスマップは、64のサービス、ツールをマッピングしたものです。「アノテーションの委託先を探したい」という方に向けAIsmileyが作成しました。

アノテーションAIとは

アノテーションとは、データにタグを付ける作業のことです。機械学習における不可欠な前処理とも言えます。

AIを開発するためには、画像、音声、テキストの他にもさまざまな形式のデータが用いられます。その際に、処理や加工が一切されていないデータを機械学習アルゴリズムに組み込んでも、学習は一向に進みません。

機械学習を進めるためには、データにタグをつけることが必要なのです。タグ付けとはいわば、データに対して意味や注釈をつけるということです。

それにより、機械学習はデータにある特徴や法則を自動的に見つけ出し、未知のデータに対する回答や、これから先のデータ予測などができるようになります。

開発が進むアノテーション関連サービス

近年、アノテーション関連サービスを提供している企業が多数あります。人材を提供するサービスだけではなく、専用ツールを販売する企業が増えてきています。

それにつれてAIの活用が一般的になりつつあります。この機会にアノテーション関連サービスにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

▼AINOWでもAI人材育成や、AIレコメンドエンジンのツールをマッピングしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

今、ホットなオンライン教育でのAI人材育成 – 日米での実態を比較

GPT-3にチューリングテストを試してみる

高度なデータの課題を解決するZOZOの分析本部 – 経営層と並走して課題と向き合う

ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に

画像データセットの収集方法を変える必要がある

2020年10月のAI関連イベントまとめ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/28更新】

言語処理でビジネスと医療の分野にアプローチ – 新型コロナウイルス感染症の研究にも着手

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも