HOME/ 注目のニュース /【掲載数64】AIアノテーションカオスマップ2020が公開!
2020.07.14

【掲載数64】AIアノテーションカオスマップ2020が公開!

最終更新日:

AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、アノテーションのサービス、ツールをまとめた「 AIアノテーションカオスマップ2020」を2020年7月14日に公開しました。

AIsmileyとは、AI(人工知能)を搭載したサービスを紹介し、企業に最適なソリューションを提供するメディアです。

今回のカオスマップは、64のサービス、ツールをマッピングしたものです。「アノテーションの委託先を探したい」という方に向けAIsmileyが作成しました。

アノテーションAIとは

アノテーションとは、データにタグを付ける作業のことです。機械学習における不可欠な前処理とも言えます。

AIを開発するためには、画像、音声、テキストの他にもさまざまな形式のデータが用いられます。その際に、処理や加工が一切されていないデータを機械学習アルゴリズムに組み込んでも、学習は一向に進みません。

機械学習を進めるためには、データにタグをつけることが必要なのです。タグ付けとはいわば、データに対して意味や注釈をつけるということです。

それにより、機械学習はデータにある特徴や法則を自動的に見つけ出し、未知のデータに対する回答や、これから先のデータ予測などができるようになります。

開発が進むアノテーション関連サービス

近年、アノテーション関連サービスを提供している企業が多数あります。人材を提供するサービスだけではなく、専用ツールを販売する企業が増えてきています。

それにつれてAIの活用が一般的になりつつあります。この機会にアノテーション関連サービスにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

▼AINOWでもAI人材育成や、AIレコメンドエンジンのツールをマッピングしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー