HOME/ AINOW編集部 /AI Questとは?実際に取り組むことや受講するメリットまで解説!
2021.12.28

AI Questとは?実際に取り組むことや受講するメリットまで解説!

最終更新日:

皆さんはAI Questというプログラムを聞いたことはありますか?

近年ではAI技術が発展して企業でのAIの役割が重視されるようになり、AI活用人材育成プログラムが行われるようになりました。

従来、このプログラムは講師が一方的に生徒に教えるという講義形式が一般的でしたが、新しい形式での人材育成プログラムが始まりました。これがAI Questです。

▼そもそもAIとは何か詳しく知りたい方はこちら

AI Questとは何か

AI技術が急速に発展している中、企業におけるAI活用のニーズは高まっており、特にAI・データを用いて企業の課題を解決できる人材が求められています。

こうした人材に対応した新たな育成プログラムを開発するため、2019年6月に政府で決定した AI 戦略2019 に基づき、2019年度から経済産業省によって実施されているのが「AI Quest」です。

▶関連記事|AI人材になるには?AI時代に生き残る人・生き残らない人>>

モデルとなったフランスのプログラミング大学「42」

AI Questが参考にしたモデルは、フランスの「42」という学費無料のエンジニア養成学校です。

42はフランスの実業家ザヴィエ・ニエルが個人資産を投じて設立しました。18歳から30歳までであれば、学位要件は関係なく誰でも学生として入学できます。

ここで学んでいる生徒には、大学での専門教育を受けていない人やプログラミング未経験者が多く含まれています。

しかし、入学試験は4週間にわたって行われ、倍率は数十倍ともいわれています。そのため、実際の入学はかなりの難関です。

▶関連記事|AIやデータサイエンスについて学べる大学10選>>

AI Questが目指すもの

AI Quest は、企業の実際の課題に基づくケーススタディを中心とした「実践的な学びの場」を重視しています。

そして、参加者同士がお互いにアイデアを試し、学びあいながら、一人一人がそれぞれの体験として、AIを活用した企業の課題解決方法を身に付けることを目的としています。

このプログラムを受講することにより、技術・知識としてAIを学ぶだけではなく、実際のプロジェクトに関わらなければ身に付けることが難しい知恵を学ぶことができます。

応募要件

応募時に提出する個人情報、AIに関する技術レベル、志望動機などの情報を基に、AI Quest事務局が総合的に判断して入学が許可されます。

また、「AIに関する技術レベル」については、「Python/R等のプログラミングを用いてデータ解析・モデル構築ができる人」を対象とします。募集人数は約600人です。

受講時間

受講期間中は課題取り組み時間も含めて週6時間程度の時間を費やす必要があります。また、取組の度合いによっては、+αの時間投入が必要とされる場合もあります。

報告書

AI Questは、毎年実施後に報告書が公開されています。どのようなことを実際に行っていたのかを詳しく知りたい人は次のドキュメントに目を通してみてください。

AI Questで実際に取り組むこと

次に、AI Questで実際に取り組むことを紹介します。受講者は個人もしくはチームを組んで2~3本の課題に取り組みます。

このプログラムでは、考察・データ分析・チーム内外とのディスカッションなどを通してアウトプットを仕上げる経験を積み、またプレゼンや議論を通してAIの活用によるビジネス課題の解決を経験できます。

さらに受講者同士の交流やつながりを作ることもできます。

▶関連記事|AIを活用したビジネスの立ち上げ方・リスク・最新事例など徹底解説!>>

ビジネス課題

AI Questでは実践形式でさまざまなことを学びます。

最初に、実企業の課題に対して現場からの要望や業界特有のハードルを理解した上で、AI開発に向けた要件定義、AI導入を円滑にするためのプロジェクト設計を行います。

AI課題

そして、設定した開発案件・プロジェクト設計を踏まえ、AIモデルの構築および、実業務への実装を見据えた検証設計・仕組み構築を行います。

ここの期間は精度を競うコンペティション形式になっており、上位成績者には「AI課題優秀賞」が贈られます。

最終プレゼン

最後に、これまでの検証結果について、実企業での意思決定の場を想定し、本実装に向けたプレゼンテーションを行います。

作成したプレゼン資料は運営の用意した採点基準をもとに複数人の参加者同士で相互採点を行い、上位成績者には「プレゼン課題優秀賞」が贈られます。

AI Questで学ぶメリット

AI Questで学ぶメリットは以下の3つです。

  1. 課題解決型学習ができる
  2. 他の参加者と知識や情報を共有できる
  3. スキルの証明になる

それぞれ解説していきます。

①課題解決型学習ができる

1つ目のメリットは、実践的な課題解決型の学習ができるということです。

実際に取り組むことでも紹介しましたが、プレゼンや議論を通してAI活用によるビジネス課題解決の経験を積み、現場でそのまま活かすことができます。

②他の参加者と知識や情報を共有できる

2つ目のメリットは、他の参加者と知識や情報を共有できることです。

参加者同士での交流を通じて、独学では気づかない自分の足りていない知識を補うことができます。

③スキルの証明になる

3つ目のメリットは、スキルの証明になるということです。

プログラムを修了すると、修了証がもらえます。さらに、プログラムでの課題やプレゼンでの上位優秀者はこの修了証にそれが記載されます。

そのため、このプログラムに参加して修了証を持っているということが、自分のスキルの証明にもなります。

まとめ

この記事ではAI Questについて紹介してきました。いかがだったでしょうか。

AI Questmについての概要、実際に取り組む内容、参加するメリットなどが網羅的に理解できたかと思います。

参加を考えている人や、興味がある人はぜひ参考にしてみると良いでしょう。

▼関連記事

・【初心者向け】AIプログラミング入門 – 学習の流れとおすすめの勉強方法5選>>
・AIエンジニアとは?必要なスキル、勉強方法などを解説>>
・機械学習エンジニアとは!? 気になる年収や実情、勉強方法を解説>>

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

社員とAIに必要なフィードバックの重要性

GPT-4は間もなく登場。それについて私たちが知っていること。

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

あなたにおすすめの記事

社員とAIに必要なフィードバックの重要性

GPT-4は間もなく登場。それについて私たちが知っていること。

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット