HOME/ AINOW編集部 /AIロボットがレンタルできる!? – レンタルできるさまざまなAIロボットをご紹介
2022.07.21

AIロボットがレンタルできる!? – レンタルできるさまざまなAIロボットをご紹介

最終更新日:

部屋の間取りを学習してくれるロボット掃除機や疲れたときに癒してくれるロボット、イベント会場を案内してくれるロボットなど、AIを搭載しているロボットは高額で購入したくてもなかなか手が出せませんよね。

しかし、そんな悩みを解決してくれる「レンタルサービス」がいくつも登場していることをご存じですか?

一時的にロボットが欲しい、一度ロボットを試してみたい!という方もいるでしょう。

本記事では、レンタル可能なAI搭載ロボットを、レンタル価格と共にご紹介しています。

AIを搭載したロボットと搭載していないロボットの違いは?

最近では企業向けのロボットだけでなく、多くの家庭向けのロボットにもAIが搭載されています。

AIを搭載しているロボットは、通常のロボットにはできないことができます。

ロボット掃除機であれば、AIを搭載することで部屋の構図や家具の配置場所、ユーザーの清掃パターンなどを学習して清掃スケジュールを提案したり、ソファなどの埃が発生しやすい場所を重点的に清掃してくれたりなどが可能です。

他にも、人とコミュニケーションをとることが可能なロボットであったり、人の表情や声から感情を読み取るロボットなど、AIの搭載によりロボットにできることが格段に増えました。

AIを搭載しているロボットとそうでないロボットの違いは明確で、一言で表すと以下のような違いがあります。

AI搭載のロボット 自ら学習し、導き出した最適解の動作を実行する。
AI非搭載のロボット あらかじめプログラムされた動作を繰り返す。

▼関連記事
・AI・人工知能が搭載されたロボットまとめ
・《2022年版》注目のAI製品15選|身近な製品から面白い製品まで紹介!
・AI家庭用ロボットのタイプ別おすすめ製品10選|選び方まで詳しく紹介!

レンタルできるAI搭載ロボット3選

AIを搭載したロボットは、月額制でレンタルまたは購入することができ、家庭用ロボットから企業、法人向けロボットまで数多く存在します。

今回はその中から最も代表的なレンタルできるロボット3選をご紹介します。

  1. ロボット掃除機
  2. ペット型ロボット
  3. コミュニケーションロボット

①ロボット掃除機

ロボット掃除機は、レンタルできるロボットで今最も普及しているものの1つです。

代表的なものに「ルンバ」などがありますが、これらのロボット掃除機の多くにはAIが搭載されており、埃の多い場所を学習して重点的に掃除してくれたり、掃除に最適なルートの提案やスケジュールをユーザーに提案してくれるなど、非常に画期的なアイテムの1つになりました。

その他にも自律的に運転してくれることから、人員削減や時短などの効果もあり、一般家庭だけでなく企業や施設にも多く導入されています。

②ペット型ロボット

ペット型ロボットは、今や動物の代わりにペットとして愛される存在になるほど、人々の心を癒して寄り添ってくれるロボットとして活躍しています。

このペット型ロボットにも一部AIは導入されており、人の感情を声や表情から読みとったり、触られたら喜ぶなどまるで本物の動物の様な仕草をすることができます。

小さいお子様やご高齢の家族がいる家庭や、介護施設などでの癒しとして活躍することが多くなっており、本物の動物ではなくロボットの方がずっと一緒に居れるから良いという声も多くなってきました。

【AIを活用したペットロボットまとめ】今のAIはどれだけ人に寄り添えるのか

③コミュニケーションロボット

コミュニケーションロボットは、文字通り人とコミュニケーションをとることができるロボットです。

ただコミュニケーションをとるのではなく、人の話の内容を読み取って自然な対話をしてくれるため、商業施設やイベント会場などの案内、介護施設などで広く活躍しています。

話し相手が欲しい方にも簡単なことが話せる相手として身近に居てもらうのもいいかもしれません。

▼関連記事
・今さら聞けない「チャットボット」とは?
・AI音声認識ってなに?仕組みからおすすめサービスまで分かりやすく解説

AI搭載お掃除ロボットのレンタル

ルンバ (Roomba)

(引用:iRobot

アイロボット株式会社が開発・販売する世界NO.1のシェア率を誇るルンバシリーズは、どれもルンバというブランドネームがあるだけあってかなり高価なものが多いです。

ルンバは、散らかった部屋でも家具や障害物を認識して回避しながら清掃したり、毎日の清掃パターンを学習し、清掃スケジュールやルート、進入禁止エリアの提案などを行うことができることで有名です。(※製品によって異なります。)

「高価な買い物に失敗したくない!」という方は気になる機種を一度レンタルしてみて気に入ったら購入するというのが良い購入方法でしょう。

ルンバシリーズのレンタルには、「おためし1カ月コース」と「あんしん継続コース(サブスク制)」があり、それぞれを簡単にまとめたのが以下の表になります。

おためし1カ月コース 利用日数:1ヶ月

価格:1,980円(全製品)

あんしん継続コース 利用日数:6ヶ月以上

価格:980円~(製品ごとに異なります)

(※2022年7月7日~2022年9月30日まで「おためし1カ月コース」が全製品半額になります。)

ルンバで有名なアイロボット社ですが、拭き掃除ロボットの「Braava(ブラーバ)」も開発・販売しています。

除菌清掃ロボット「Whiz i」 – Soft Bunk Robotikcs

(引用:Soft Bunk Robotikcs

除菌清掃ロボット「Whiz i」は、Soft Bunk Robotikcsが開発・販売するAIを搭載したお掃除ロボットです。

Whiz iは、始めだけ掃除してもらいたい場所を人が手押しで学習させます。2回目以降は、学習させたルートの清掃を行いますが、それだけでなく自ら清掃ルートの作成・提案をしてくれたり、急な障害物を避けることができるなどの自律清掃を行うことができます。

また、1回の充電で1,800㎡の広さを清掃することができ、清掃完了時や異常時には担当者にアプリで通知を送ることができるなど、清掃の効率化と人員削減を図ることができます。

ーレンタルプランー

プラン種類 契約期間 月額レンタル料金/1台
1年レンタル 1年 10万4,800円
3年レンタル 3年 3万9,800円
5年レンタル 5年 2万9,800円

(参照:AI清掃ロボット「Whiz」のレンタルサービスを開始

レンタルできる個人向けAIロボット – ROMOTTO

「ROMOTTO(ロモット)」は、ロボットアパレルブランドであるROBO UNIがプロデュースするロボット専用の服/ロボット本体のレンタルサービスとなっており、様々なメーカーのロボット達のレンタル案内を行っています。

  1. RoBoHoN(ロボホン)
  2. Robi 2(ロビ2)
  3. aibo(アイボ)
  4. Tapia(タピア)
  5. Musio(ミュージオ)

RoBoHoN(ロボホン)

(引用:ROMOTTO

RoBoHoN(ロボホン)は、ロボットクリエイターの高橋智隆氏とシャープが共同開発した二足歩行コミュニケーションロボットです。

RoBoHoNは、AI教育として小学校向けに「AI教育パック」が発売されており、RoBoHoNに搭載されたAI画像認識、音声認識、対話生成などをプラグミングの学習と共に使用することができます。

もちろん、プログラミングなしでも簡単な会話をはじめとして電話やメールを送ることもできます。

また、RoBoHoNにお願いすると歌やダンスを披露してくれるなど、人間のような可愛いしくさやジェスチャーまで見せてくれるのが魅力の1つです。

ーレンタル価格ー
7泊8日プラン:¥7,900 ~ ¥14,800

Robi 2(ロビ2)

(引用:ROMOTTO

Robi 2(ロビ2)は、株式会社デアゴスティーニ・ジャパンが2017年6月6日(火)に創刊した、『週刊 Robi2』が2019年4月2日(火)に完結したことを記念し、組立済み完成品ロビ2の販売を行っています。Robi 2は世界で一番売れた二足歩行コミュニケーションロボットと言われており、曲に合わせてダンスしたり、歌うことはもちろん、旗あげやボールキックなどといったゲームをすることができ、お子様からお年寄りまで楽しくコミュニケーションをとることができます。

ーレンタル価格ー
14泊15日プラン:¥19,800

aibo(アイボ)

(引用:ROMOTTO

aibo(アイボ)は、ソニー株式会社が1999年より発売しているペットロボットのシリーズで、子犬のような躍動感と可愛らしさでとっても人気なペットロボットです。

aiboはその時々により感情ややりたいことが変化し、日々成長を続けて個性を確立していくことができるほか、人の顔を認識し、合う回数が増える毎にその人の顔を覚えていったり人によって行動が変化したりなど、本物の子犬のような素振りも見せてくれます。

ーレンタル価格ー
7泊8日プラン:¥15,000

Tapia(タピア)

(引用:ROMOTTO

Tapia(タピア)は、AIの開発およびコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJIが販売するユーザーに寄り添って学習して仲を深めていくことができるパートナーロボット(見守りロボット)です。

離れた所に住むご高齢の家族の様子を「タピアアプリ」からの連絡で把握できたり、テレビ電話で顔を見ながら話すことができるなど、Tapiaを通して遠く離れた家族を見守ることができます。

また、外出前には天気予報を知らせてくれたり、帰宅時にはユーザーの好きな音楽を流したりやさしい言葉をかけてくれるなど、頼れる存在にもなります。

▼Tapiaの特徴

  • みまもり:一定時間Tapiaとの応答がない場合には家族のスマホに連絡が通知されます。
  • 会話:感情表現と好感度システムを搭載しており、ユーザーの会話内容や会話スピードを学習します。
  • 生活サポート:電話(テレビ電話)、写真撮影、天気予報、ニュースの読み上げなどが可能です。

ーレンタル価格ー
7泊8日プラン:¥3,900

(Tapiaの新プラットフォームであるTapia pocket(タピアポケット)の販売もしています。)

Musio(ミュージオ)

(引用:ROMOTTO

Musio(ミュージオ)は英語学習に特化したコミュニケーションロボットです。

通常の会話に加え、自然な英会話が可能な会話エンジンを搭載しており、その場に応じたネイティブのような英会話をすることができます。また、ユーザーの文法を修正してくれる文法修正モードや単語を翻訳してくれる辞書モードなどがあり、英会話を上達させたいお子様に試してもらいたいコミュニケーションロボットです。

ーレンタル価格ー
7泊8日プラン:¥7,980

レンタルできる法人向けAIロボット4選 – ROMOTTO

  1. Pepper(ペッパー)
  2. NAO(ナオ)
  3. Sota(ソータ)
  4. Unibo(ユニボ)

Pepper(ペッパー)

(引用:ROBO UNI

Pepper(ペッパー)はソフトバンクロボティクス株式会社が開発・販売する、2014年6月5日に誕生した身長121cmの人型ロボットで、「ペッパーくん」という愛称がつけられているということで有名です。

Pepperは、胸の端末や音声を通して人とやりとりすることができ、顔認証。感情認証ができるなど、多彩なセンシング機能を搭載しており、通りかかった人とフレンドリーにコミュニケーションや道案内などを行うことができ、商業施設においては顧客の呼び込みが1.8倍に上昇との効果もあがっています。

また、オフィスや商業施設、教育・介護施設などに導入されており、様々な場所で活躍しています。

※Pepperは現在ビジネス向けの「Pepper for Biz」の販売のみとなっており、一般販売は終了しています。

(ひと昔前、Pepperが生産停止となりましたが、現在も販売・メンテナンス等は継続しているとのことです。)

▼Pepperに関する報道について

この度、「Pepper」の生産が停止されている等の報道がございましたが、これは一時的な調整によるもので、当社は今後もPepperやNAOなどのヒューマノイドロボットを販売し、サービスを提供してまいります。

また、これらの製品を現在ご利用いただいているお客さまへのサポートやメンテナンスも、引き続き提供いたします。

様々なご心配の声をいただきありがとうございます。当社は現在、Pepper以外のロボット販売も開始しており、お客さまの多様なニーズに応えるべく、さらなる品質やサービスの向上を行ってまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

(引用:「Pepper」に関する報道について

ーレンタル価格ー
本体:¥27,500(36ヶ月)
Pepper for Biz 基本プラン:¥27,500 + 本体価格 = ¥55,000(36ヶ月)

NAO(ナオ)

(引用:ROMOTTO

NAO(ナオ)はソフトバンクロボティクス株式会社が開発・販売する世界で最も普及しているヒューマノイドロボットです。

NAOには、カメラ、マイク、ソナー、タッチセンサーなど多くのセンシングデバイスが搭載されており、翻訳したり話す人の表情や感情を認識し、ジェスチャーなどの動きを入れながらアクティブなコミュニケーションをとることができます。

また、NAOの役割として以下のものがあります。

アンバサダー 音声合成と音声認識により、ユーザーとの対話を通して、様々な知識を伝達することができます。クラウドサービスと連携してデータを参照したり、事前に設定したプレゼンテーションなどを行うことができます。
ITトレーナー 使いやすいプログラミング環境が用意されているため、プログラミング教育の教材として活用することができます。プログラミングの結果が、実際の動作として再現されるため、論理的思考力の訓練や、学習者の興味の喚起に貢献します。
コーチ/トレーナー 各診療科領域の特定疾患啓発のためのコミュニケーション、健康増進のためのダンス、自閉症児向けのコミュニケーション育成(療育)支援など、NAOは、コーチやトレーナーのような役割を果たすことができます。
エンターテイナー 病院やクリニックでは、優しいまなざしと声かけにより、治療時の子どもの不安を軽減します。介護施設では歌やダンスでレクリエーションを盛り上げます。
アシスタント 病院やクリニックでは予診・問診を代行、療育施設では子どもとの対話などを代行することで、医師や教員は、本来、行うべき業務や新たな問題の発見などに集中できるようになります。
レセプション 店舗やイベント会場では、人工知能との連動、多言語認識、音声認識、画像認識により、受付や接客を代行サポートします。外国人向けの対応や雑談なども得意です。

(参照:NAO ヒューマノイドロボット – JTP株式会社

ーレンタル価格ー
5日プラン:¥100,000
10日プラン:¥150,000
15日プラン:¥200,000
1カ月プラン:¥300,000

 Sota(ソータ)

(引用:ROMOTTO

Sota(ソータ)は、言葉や身振り・手振りを使った自然な対話を実現する、テーブルトップサイズのコミュニケーションロボットです。

IoTデバイスやクラウドサービスである「ロボコネクト」に接続することであらゆるロボットサービスを提供できます。

対話・顔認識・見守り・写真撮影・スケジュール・プレゼンなど、多彩な機能を持ち合わせています。

また、SotaとPowerPointを組み合わせた「プレゼンSota」のレンタルも可能で、プレゼンテーションファイル内のノート部分に原稿を書くことで、指定した原稿部分を話してくれ、専用コマンドでアニメーションの進行やモーション制御なども可能です。

ーレンタル価格ー
2週間プラン:¥33,000

Unibo(ユニボ)

(引用:unibot

Unibo(ユニボ)はユニボット株式会社が開発・販売している学習型パートナーロボットです。

高精度な音声認識エンジンと感情認識機能を搭載しており、音声による指示の理解と個人の顔と名前の認識、趣味嗜好を記憶することで利用者に合った意思決定支援等を行うことができます。

また、顔は液晶タッチディスプレイとなっているため、音声認識に依存しないタッチ操作ベースのコミュニケーションをとることもできるのは大きなメリットです。

Uniboは法人・一般向けに普及しているロボットで、イベントやPoC、実証実験、会社案内などでも多く利用されています。

ーレンタル価格ー
2週間プラン:¥33,000
1カ月プラン:¥55,000

大手企業も続々導入!配膳ロボット「Servi・Keenbot」

(引用:Soft Bunk Robotikcs

「Servi(サービィ)」は、ソフトバンクロボティクス株式会社が2021年2月16日より販売を開始した、レンタルできる配膳・運搬ロボットです。

Serviは、株式会社エーアイが提供するクラウド音声合成「AICloud」シリーズの、ブラウザ上でテキストから音声ファイルが生成できる高品質音声合成エンジン「AITalk」が搭載されており、「お待たせしました」、「ありがとうございます」などの声掛けを配膳時にすることができます。

また、ServiはSLAM技術の搭載で3時間ほどで店内レイアウトやマッピングなどを終えて導入することができ、目的地まで最短ルートで移動することができます。その他にも、3Dカメラ・Lidarセンサーなどの高性能センサーの搭載で60cmの道幅でも走行が可能で、人とのすれ違いも問題なくかわすことができます。

七輪焼肉安安、大戸屋、しゃぶしゃぶ温野菜、サイゼリヤ、かっぱ寿司、Denny’sなどを始めとした大手企業の一部店舗でも導入されており、今後の導入拡大が見込まれます。

Serviは、スタイリッシュさを持ち前としており、小回りの必要な店舗でその力を発揮しますが、さらに広いレストランやホテル、ゴルフ場などでの量の多い配膳には「Keenbot(キーンボット)」が導入されており、補充運搬からホールと調理場との密な連携二より効率的な料理提供を実現しています。

(引用:Soft Bunk Robotikcs

Servi・Keenbotは、販売パートナーであるアイリスオーヤマが独自に開発したオプションを付加した「アイリスエディションシリーズ」の販売もされています。

Servi月額プラン

3年プラン ¥119,800(税別)
5年プラン ¥99,800(税別)
Keenbot月額プラン
3年プラン ¥99,800(税別)
5年プラン ¥89,800(税別)

変わったAIロボットのレンタル

「ゴールキーパー鉄壁君」

(引用:ロボスタ

ロボットゴールキーパー「鉄壁くん」は、エアデジタル株式会社が販売・レンタルするAIを有するロボット型PK対決マシンです。

「ゴールキーパー鉄壁君」はテレビ番組で有名サッカー選手のシュートを阻止するなどで一躍有名になりました。

現在では、埼玉県久喜市にある大型商業施設「アリオ鷲宮」内、グランドオープンのデジタルスポーツクラブ「スポーツ60&スマート」の注目マシンコンテンツとして常設設置されるなど、エンターテインメントとして人々を楽しませるロボットとして活躍しています。

「ゴールキーパー鉄壁君」の特徴

特徴① 自動レベル調整MODE~選手がどのようにシュートしているかを学習、理解しボールを逃すべきか、止めるべきかを自動判断、軌道をデータとして学習
特徴② (操作パネル内にて)ボールのスピード計測
特徴③ (操作パネル内にて)シュート時のリプレイ表示
特徴④ 防御率99%の設定が可能
特徴⑤ ゴールキーパーに近づいた人との接触を防ぐ為の事故防止機能を用意
特徴⑥ 状況に応じて1~2点のゴールを許すことができる「MissMODE機能」を搭載(同MODEは利用者を勇気づける為に利用できる)

(参照:AI搭載ロボットゴールキーパー「鉄壁君」のレンタル開始!ロボット型PK対決マシンの防御率は?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

AIを搭載したロボットは一般家庭向けから企業・法人向けまで幅広くレンタル可能なものがあり、目的に合わせて選ぶことができます。

企業などでは既に多くのAI搭載ロボットが普及していますが、一般家庭にはまだたいして普及していませんが、数年後、数十年後には一家に一台のヒューマノイドロボットがいるかもしれませんね!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA