HOME/ AINOW編集部 /ディープラーニングと従来の機械学習の違いは?
2020.02.03

ディープラーニングと従来の機械学習の違いは?

最終更新日:

ディープラーニング という言葉をよく目にするようになりました。

社会的にAIの発展が注目されるようになり、現在3度目のブームを迎えているAIですが特に注目されている技術がディープラーニング です。

しかし、ディープラーニングは従来の技術とは何が違い、どのように活用できるのでしょうか。今回は、従来技術と比較した際のディープラーニング の特徴について説明していきます。

AIにおける機械学習とディープラーニング の位置付け

機械学習とは

機械学習とは、機械が膨大なデータを学習することで、自らそのルールを学習し、高度な予測や判断を可能にする技術です。

学習方法としては大量のデータを学習して自動的にその特徴を取得する教師あり学習、データをさまざまな次元で分類などをする教師なし学習、自ら試行錯誤を繰り返して正解を得る強化学習があります。

AIにおける機械学習の位置付け

機械学習はAIの一分野

機械学習はAIの要素技術の1つです。

AIは人間のように考えて判断したり行動できる知能を持った機械の総称ですが、それを実現する1つの手段として機械学習があります。

AIについてはこちら▼

作成:AINOW編集部

ディープラーニングとは

ディープラーニング とは、大量のデータを学習し共通する特徴量を自動で抽出することで状況に応じた柔軟な判断が可能になる機械学習技術の1つです。

従来の機械学習に比べて高精度に分析できるのが特徴です。

ディープラーニング は人の脳細胞がモデル

作成:AINOW編集部

ディープラーニング は人間の脳細胞(ニューロン)がモデルになっています。

まず構造として、入力層・隠れ層・出力層がそれぞれノードによって構成され、各層のノードはエッジという糸で繋がれています。情報は入力層から入りエッジを伝って隠れ層を経由し出力層から出力されます。

また、ノードにはそれぞれ重みの値が設定されており、通過する情報にその値を掛けて次のノードに受け渡します。

ディープラーニング ではその重みの値は最も正確な答えを出せる数値に最適化されます。

ディープラーニングについてはこちら▼

AIにおけるディープラーニング の位置付け

ディープラーニングは機械学習の一分野

ディープラーニング は機械学習の中でも教師あり学習の一部です。

機械学習の中で、ニューラルネットワークの技術を使ったものがディープラーニング と呼ばれます。

従来の機械学習に比べてディープラーニング は何がすごいのか

特徴量を自動で抽出できる

ディープラーニング は従来技術と違い、特徴量を自動で抽出できるのが特徴です。その精度も高いため、人間の目では気づかなかったような特徴量までディープラーニング で探し出すことができます。

従来技術では人が特徴量をAIに教えていた

従来技術ではデータを学習させる際に、注目するべき特徴量は人間が指示していました。

例えば、猫と犬の画像を見わけるAIを作る際には耳や顔の形に注目するように予め人間が設定していました。

しかし、耳の形と顔の形も一律に決めることはできません。場合によっては特徴量を大量に設定しなければならないこともあり人力だけでは限界がありました。

しかし、ディープラーニング では特徴量の自動抽出が可能なため精度が圧倒的に向上しています。

ディープラーニング の発展の意義

人間にはできないビッグデータの高速処理・意思決定が可能に

ディープラーニング の発展によって、AIはタスクによっては人間以上の速度・精度で分析することが可能になりました。

そして、そのようなディープラーニング をビジネスに活用することで、今までにない価値を提供できるようになります。

例えば、Googleをはじめとする大手プラットフォーム企業はユーザーから収集したデータを生かしてさらに私たちの生活に貢献するサービスを生み出し続けています。

今後もさらなるディープラーニング の活用が進むと期待できます。

ディープラーニング の適用領域と活用事例

画像認識

画像認識とは、ディープラーニング で大量の画像データを学習することで未知の画像でもそれが何の画像なのかを判断できる技術です。

その活用はWeb上の画像だけでなく、カメラなどリアルの世界でもあらゆる部分で活躍しています。

【活用事例】ディープラーニング で病気を検知!富士フイルムの画像診断

引用:https://www.innervision.co.jp/sp/report/rsna/2019/products/fujifilm_ai02

富士フイルムは画像認識で患部を自動で検知する医療システムを開発しています。

従来、体内の疾患の発見は医者の目による部分が多かったのですが、人の目ではどうしても見落としや誤認がありました。

しかし、AIの画像認識を生かすことで、人間以上の精度で患部を発見できるようになります。

医療へのAI活用についてはこちら▼

音声認識

音声認識とは音声データをAIが分析し、音声としての特徴量を抽出する技術です。

例えば、GoogleHomeやiPhoneに搭載されているSiriなどには人間の音声を聞き取り、さらにテキストAIで意味を理解する音声認識技術が活用されています。

【活用事例】話声をAIが自動で文字起こし!Smart 書記

引用:https://smartshoki.jp/index

人の話し声を聞いて文字化する文字起こしの作業はどうしても時間と労力を使います。

しかし、Smart書記を使えば、聞き取った音声をそのまま文字化してくれるため文字起こしの手間を省くことができます。

ビジネスでは議事録の作成など活用できる部分が多いのではないでしょうか。

音声認識についてはこちら▼

自然言語処理

自然言語処理は私たちが日頃コミュニケーションツールとして使っている自然言語をそのまま機械で理解する技術です。

コンピュータは従来プログラミング言語しか理解できませんでしたが、AIで自然言語のパターンや意味を学習させることで、人間と不自然のないコミュニケーションが可能になります。

【活用事例】 Gmail の自動返信機能

引用:https://www.google.co.jp/mail/help/intl/ja/about.html?vm=r

Gmailには自然言語処理を生かした自動返信機能が搭載されています。

受け取ったメールの内容をAIが理解し、それに応じた簡単な返信文をいくつか自動生成してくれます。

自分で初めから返信内容を考える必要がなくなりますので、メール業務の効率化に繋がります。

自然言語処理についてはこちら▼

予測

AIによる予測はデータに基づいて未来に実現しうる数値や結果を予想する技術です。

飲食店の需要予測や交通機関の混雑予測などの分野では、すでにAI需要予測が活用され、人の勘と経験に頼った予測よりも効果的な仕入れや施策などが可能になっています。

【活用事例】回転寿司チェーン店「スシロー」の需要予測

回転寿司チェーン店「スシロー」はAI需要予測で1分後と15分後の売上を予測しています。

全ての店舗から収集した売上状況のビッグデータを蓄積し、店舗の混雑具合や客の着席時間なども考慮することで高い精度を実現しています。

AIを活用することでビッグデータをよりリアルタイムに分析できるようになり、食品ロスの削減やマーケティングや商品企画にも応用されています。

AI予測に関してはこちら▼

まとめ

ディープラーニング は機械学習の一部の技術を指します。

従来の機械学習がさらに自律的に学習できるようになったディープラーニング はあらゆる領域で活用されています。

そして、将来も今まで以上にディープラーニング が活用されるようになり、生活の利便性も向上していくのではないでしょうか。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

購入率が17%増加!「子供の写真が見つからない」膨大なイベント写真から我が子を検索できる「はいチーズ!」で

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減