ニュース

<ZDNet Japan>人を賢く、創造豊かにするAI活用への挑戦

AI(人工知能)を活用する場面が増えている。ビッグデータの蓄積と超高速計算機が安価に手に入ることが背景にある。その活用に挑戦するAIベンチャーの活躍も見逃せない。そんな1社、メタデータの野村直之社長は「人を賢くし、創造性を豊かにするソフトを開発する」と話す。同社が注力するソフトを探ってみる。ホワイト…この記事の続きを読む

ニュース

マツコ・デラックス プラミアムフライデーに苦言「調子のいいことばっかり」

27日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でマツコ・デラックスが、「プラミアムフライデー」に苦言を呈した。番組では「プレミアムフライデーは週休3日制への一歩?」と題し、東京スポーツの記事を取り上げた。記事では、経済アナリストの森永卓郎氏が「週休3日制への重要な一歩」「(プレミアムフライデーを)定着、拡充していくべき」「サラリーマンの働き方を変えるにはとてつもなく長い時間が必要になる」と主張している。この記事にマツコは「スゴい時間をかけて仕事のスタイルっ 全文トピックニュース 02月28日 07時00分…この記事の続きを読む

ニュース

Googleの人工知能アシスタントがAndroid 6.0以上のスマホにも登場、今後1年で日本語にも対応か

<ピックアップ> Google’s AI-powered Assistant is coming to millions more Android phones 昨年、Googleは初めて… The post Googleの人工知能アシスタントがAndroid 6.0以上のスマホにも登場、今後1年で日本語にも対応か appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)….この記事の続きを読む

ニュース

『10年後、君に仕事はあるのか?』―「AI+ロボット社会」でたくましく生きる子どもに育てるヒント

『10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」』(藤原和博/ダイヤモンド社) AI(人工知能)の進歩が注目される一方で、AIが「人間の仕事を奪う」「貧富の差を大きくする」などともいわれる。親は、これからの社会を生きる子どもに、どのような…つづきを読む…この記事の続きを読む

ニュース

大阪市、橋梁検査にドローン 17年度から実証実験 大商が窓口

大阪市の吉村洋文市長は27日、ドローンを使った橋梁検査などを2017年度から実験すると表明した。国内外から先端技術を持つ企業を募り、大阪を将来性のあるベンチャー企業などの集積地にする考えだ。 ドローンの実証実験は同日、大阪市が大阪商工会議所との間で結んだ「『実証事業都市・大阪』実現に向けた包括提携協…この記事の続きを読む

ニュース

設備をオーナの代わりに購入、省エネ改修の障壁を下げる新サービス

東京電力ホールディングスの子会社である東電不動産は、建物オーナー向けに、初期費用を抑えながら建物の設備改修を行えるサービスの提供を開始した。新たに購入する設備費用の一部を東電不動産が代わりに購入し、オーナーは月々の電気料金と維持管理費用と合わせて割賦払いで支払える。オーナーの初期投資を抑え、建物の省エネ改修を支援する。…この記事の続きを読む

ニュース

世界大変化「VUCA」を生き抜く「働き方改革」とは

先日、鹿児島の知覧を訪問する機会があった。太平洋戦争中に神風特攻隊の前線基地となった陸軍の飛行場があったところだ。知覧特攻平和会館には、沖縄の激戦地に向けて片道分の燃料と爆弾を積み出撃していった17歳から20代前半の若者たちの写真や絶筆が多く展示されており、彼らの慟哭(どうこく)が嫌でも伝わってくる…この記事の続きを読む

ニュース

【Bizクリニック】将来の風評対策は「AI最適化」

□ブランドコントロール代表取締役・井原正隆 人工知能(AI)によって、情報のあり方が大きく変わろうとしている。情報そのものがAIによってつくられ、情報の取得方法も大きく変化するだろう。これは、未来の風評被害を考える上でも大きな意味を持つ。 すでに多くの情報(コンテンツ)がAIによって作成できる。ニュ…この記事の続きを読む