HOME/ AINOW編集部 /AIの略語って何?AI歴史やできることこれからの姿など解説!
2021.12.17

AIの略語って何?AI歴史やできることこれからの姿など解説!

最終更新日:

読者のみなさんは、AIという言葉が何の略かご存知ですか?よく耳にするAIという言葉ですが、本当は意味がよく分かっていない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「AIの意味」から歴史、そしてこれからの姿まで網羅的に紹介していきます。AIについて知っていきましょう。

▼AIについて詳しく知りたい方はこちら

AIって何の略語?

AI(エーアイ)とは、Artificial Intelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)の略称です。Artificialは「人工的な」、Intelligenceは「知能/知性」という意味を持っています。

以上から分かるように、AIを翻訳すると「人工知能」となります。

AIの定義

次にAIの定義について紹介します。

一般社団法人 人工知能学会では、AIという言葉の生みの親であるジョン・マッカーシー教授の言葉を『知的な機械、特に知的なコンピュータプログラムを作る科学と技術』と翻訳しています。

しかし、現在は、AIに関する研究が進んでおり、研究者ごとに定義が異なっているのが現状です。

例えば、『人工的につくられた、知能を持つ実体。あるいはそれをつくろうとすることによって知能自体を研究する分野』や『「知能を持つメカ」ないしは「心を持つメカ」である』が挙げられます。

 AIの歴史

次に、AIの歴史についてです。AIは、近年さまざまな分野に活用されるようになったことで、世の中から認知されるようになりました。

「AIの存在を知ったのはここ数年」という方も多いかもしれませんが、実はAIの研究は1950年代から行われています。

そして1950年代からAIは、ブームと停滞期を繰り返してきました。ちなみに現在は第三次ブームだと言われています。

ここからは、研究が始まった1950年代〜現在に至るまでのAIの歴史をブームごとに解説していきます。

 第一次AIブーム|AIの始まり

第一次AIブームは、1950年代〜1960年代でした。つまり、「AI」という言葉は約70年前に誕生していたのです。

AIという言葉の始めは、1956年の夏にアメリカ東部の都市、ダートマスで開催されたワークショップ、『ダートマス会議』です。そこで、初めて人間のように考える機械のことを『人工知能』と呼ぶことになりました。

同時に、この会議で人工知能が科学の一分野として社会に広く認識されました。

同会議は、多くの人がAIの研究に乗り出すきっかけにもなり、現在のAIを知るうえで欠かせないポイントとされています。

当時のAIは、人間には不可能なほど多いパターンの「場合分け」を瞬時にできるようになり、難しいパズルや迷路を人間よりも圧倒的に早く解く事が可能になりました。

将棋やチェストいったボートゲームへのAIの挑戦もこの頃からです。

第二次AIブーム|エキスパートシステムの誕生

第二次AIブームは、1980年代でした。この時期では、人間の“考え方”をモデルにしたAIである「エキスパートシステム」の誕生により「知識表現」が可能になりました。

自分で学習する仕組みはないものの、あらかじめ専門家が考え得る限りの状況を予測して対処方法や判断を行います。

 第三次AIブーム|機械学習・ディープラーニングの登場

第三次AIブームは、2000年から現在です。

この時期では、AI自身が大量のデータ、つまりビッグデータから知識を獲得する「機械学習」の実用化が進みました。さらに、2006年には知識を定義する要素をAIが自ら習得するディープラーニングが提唱されました。

詳しくAIの歴史について知りたい方はこちら>>

▼機械学習について詳しく知りたい方はこちら

ディープラーニング(深層学習)について詳しく知りたい方はこちら

 AIってなにができるの?

ここまでAIについて紹介してきましたが、そもそもAIが何をできるのかご存知ですか?

「AI」は、さまざまな分野に活用されているため、何ができるのかを直感的に把握するのは困難でしょう。

そこで以下では、AIのできることを

  1. 画像認識
  2. 音声認識
  3. 自然言語処理

の3つに分けて簡単な活用事例と共に紹介していきます。

画像認識

1つ目のAIにできることは、画像に何が映っているのかを認識する技術「画像認識」です。

画像認識は、主に「物体認識」「顔認識」「文字認識」などで活用されています。

例えば、文字を写真で撮り、パソコン上でテキストに文字起こしすることやスマホの顔認証セキュリティ、写真の加工アプリなどが挙げられます。

▶画像認識について詳しく知りたい方はこちら>>

音声認識

2つ目のAIにできることは、人が発した声をAIが分析することで、その内容を推測する「音声認識」です。

音声認識は、主に「書き起こし」「自動応答」「翻訳」「開錠」「感情分析」などで活用されています。

例えば、会話を文字に起こしてくれたり、企業のお問い合わせに対して自動で応答してくれるサービスが挙げられます。

▶音声認識について詳しく知りたい方はこちら>>

 自然言語処理

3つ目のAIにできることは、私たち人間が日常書いたり話したりしている日本語や英語のような、自然な言語を認識・処理する「自然言語処理」です。

そして、自然言語と対比した言語が、プログラミング言語です。この二つの言語の違いは、言葉の曖昧性にあります。

この言葉の曖昧性を踏まえて、自然言語を使って書かれた膨大なテキストデータを実用的に扱うために自然言語処理という技術が使われているのです。

自然言語処理は、主に「自動翻訳」「テキストマイニング」「チャットボット」「音声対話システム」などで活用されています。

▶自然言語処理(NLP)」について詳しく知りたい方はこちら>>
▶今さら聞けない「チャットボット」とは?>>
▶AI(人工知能)にできること一覧|AIの未来や仕事・活用事例を徹底解説>>

 AIのこれから

AI技術が、さらに進化を遂げた未来では、AIが人類の知能を超え、その進化の速度が予測できなくなると言われています。そのAIが人類を超えるポイントが「シンギュラリティ(技術的特異点)」です。

シンギュラリティとは、アメリカの未来学者レイ・カーツワイル氏が2005年に提唱したことで広く知られるようになり、「AIが人間の知能を超える転換点」のことを指します。

日本語では「技術的特異点」と訳されます。

これは、「仕事を奪われる」「AIに支配される」というマイナスイメージがありますが、   ストレスのない社会の到来や科学技術の発展に大きな影響を及ぼすと言われています。

▶AIは今後どういった進化を遂げるのか>>
▶シンギュラリティについて詳しく知りたい方はこちら>>

まとめ

AIの略語は「Artificial Intelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)」と紹介しました。

日本語では「人工知能」と言われますが、本当の意味や活用方法、これからの姿につい て、知ることができたでしょうか?

さまざまな場面で使用されるAIと付き合う私たち。これからの生活の中で、意識してみると、さらにAIについて知ることができるでしょう。

▶AIの活用事例について詳しく知りたい方はこちら>>

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

社員とAIに必要なフィードバックの重要性

GPT-4は間もなく登場。それについて私たちが知っていること。

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

あなたにおすすめの記事

社員とAIに必要なフィードバックの重要性

GPT-4は間もなく登場。それについて私たちが知っていること。

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット