TAG Google

医療

囲碁で人に勝利したグーグルの人工知能、今度は人を失明から救う

2016年、世界最高峰の囲碁棋士を破ったグーグル傘下の人工知能スタートアップ・DeepMind(ディープマインド)は、AIを眼疾患の予防に役立てるために、英国の眼科病院と提携して研究を行うことを発表。それは「社会の課題を解決すること」という彼らのミッションにつながっている。…この記事の続きを読む

チャットボット

Microsoftが人工知能でGoogleに勝てる理由とは?

スマートフォンの登場によって生み出されたモバイル分野ではAppleやGoogleが市場の主導権を握っておりそれまでOS分野で圧倒的な力を見せていたMicrosoftは目立った活躍を見せていません。しかし、近年巨大IT企業の注目を集めている「チャットボット」の分野に関しては、MicrosoftはAppleやGoogleといったライバル企業と比べてアドバンテージがあると自信を見せており、その理由にIT関連メディアのThe Vergeが迫っています。…この記事の続きを読む

ニュース

グーグルは人間になりたいのか? こんなにヤバい最新「人工知能」

世界的IT企業のグーグルは、現在、人工知能(AI)の開発に巨額の投資をおこなっています。2014年には、人工知能開発分野では先端をゆくDeepMind社を買収し、Google DeepMindとして、巨額な投資費用をつぎ込んでいます。同社が開発したコンピューター囲碁プログラム「AlphaGo」が、今年3月に行われたプロ棋士イ・セドル氏(九段)と対戦し、4勝1敗でプロを打ち負かしたことが話題になったばかり…この記事の続きを読む

Google

Googleの人工知能「AlphaGo」を作ったDeepMindがAIの暴走を止める「緊急停止ボタン」の仕組みを開発

「100年以内に人工知能(AI)は人間を超える」と考えている研究者は多く、人工知能の危険性が主張されることも多くなってきました。Googleがオックスフォード大学のFuture of Humanity Instituteと提携してAIの潜在的な危険性について研究している中、Future of Humanity InstituteとGoogleの人工知能開発企業・DeepMindは新たな論文で「人間の手によってAIを停止させる仕組み」の必要性を主張しています。続きを読む……この記事の続きを読む

自動運転

グーグル傘下ロボ会社、トヨタが買収交渉 AI強化

トヨタ自動車が、米IT大手グーグル傘下の次世代ロボット開発会社の買収交渉を進めていることがわかった。トヨタは自動運転に必要な人工知能(AI)などの開発に力を入れており、関連の最先端技術を取り込むねらいがある。 買収の対象に浮上しているのは「ボストン・ダイナミクス」。1992年の創業で、米軍などと共同…この記事の続きを読む