進化し続けるAI!各業界のAI最新動向まとめ

最終更新日:

あらゆる業界でAIの重要性が増加しています。

実際、野村総合研究所は、今後の15年で既存の仕事の49%が不要になると発表しています。

仕事をAIで代替できるようになれば、仕事量を削減できるので働き方にもメリットが多いのではないでしょうか。

今回は、身近なあらゆる業界におけるAI活用の最新動向をご紹介していきます。

あらゆる業界でAIの必要性が増加

 深刻化する人手不足

現在、日本が抱える問題として深刻な人手不足があります。

実際、帝国データバンクが2019年4月に実施した調査によると、国内で正社員が不足している企業は50.3%にも登るそうです。

そして、今後人手不足はさらに深刻化すると言われており、将来的な日本の国力の低下が懸念されます。

AIを生かして業務を効率化

そのような深刻な人手不足問題を解決するのがAIです。

AIの発展により、今まで人間にしかできないと考えられていた特徴量の自動抽出が機械でもできるようになり、人と同じような動作が可能になりました。

そのため、これからはAIが人に代わって業務を担い、業務を効率化することができます。

不足する人手をAIが補うことで、人手不足の解消を実現することができます。

メインの技術は画像認識

AIの技術の中で使われることが多いのが画像認識です。

画像認識とは画像や動画から特徴量を検出し、対象物を認識する技術のことをいいます。

活用できる幅が広く、スマホアプリやロボットなど端末からクラウドまであらゆる部分に活用されています。

人間と同じように「目」を持つ機械として、今までにないような業務効率化が可能になるのではないでしょうか。

常に進歩するAI業界

2030年にはAI業界の市場規模は2兆1,200億円に!

AI業界は進歩し続けています。

実際、富士キメラ総研の発表によると2030年にはAI業界の市場規模は2兆1,200億円にまで到達するそうです。

それほど、社会の中でAIに対する需要は増加していると言えます。

そして、AI業界が発達していくことで、社会におけるAI導入が進み豊かな社会が実現できるのではないでしょうか。

AI業界の動向をキャッチする方法

AI業界はめぐるましいスピードで変化しています。

今日最新だった技術が明日には時代遅れになっており、ついていくだけでも大変です。

そこで、まずはAI業界の動向を把握するための方法をご紹介します。

AI関連イベントが多数開催

AI関連のイベントは各地で多数開催されています。

より具体的に言えば、AI・人工知能 EXPOやAI・業務自動化展は全国津々浦々からAI関連企業が何百と集まるビッグイベントです。

それぞれの企業が自社を社会にアピールするために、最新のサービスや製品を展示します。

AIに関する最新の技術や活用に関して、一気に把握することができますので、AI業界の現状をみるには非常に有効です。

AI・人工知能 EXPOやAI・業務自動化展に関する記事はこちら▼

毎月最終土曜日には「Machine Learning 15minutes!」というイベントが開催されています。

1人15分という枠で、機械学習のプロジェクトに従事するさまざまなスペシャリストが登壇するイベントです。

詳しくはこちら▼

 

他にもAINOWでは、毎月、AI系のイベントをまとめて公開しています。

AINOWが公開しているAI系のイベントまとめはこちらから▼

AI専門メディアも充実 

AI専門メディアを見ることで、AI業界の情報を日々把握することができます。

ニュース記事やまとめ記事、取材記事などありとあらゆるコンテンツが充実しているのが特徴です。

また、手軽に見ることができますので、通勤時間や休憩中などちょっとした隙間時間に情報を集めるのには最適です。

AINOWはAI専門メディアとして、AIの情報を毎日発信しています。

メールマガジンも配信していますので、ぜひご覧ください。

常に業界にアンテナを張ることが大切

変化の早いAI業界の動向についていくためには、常に業界にアンテナを張っておく必要があります。

イベント行ったり、記事などの情報を収集するといった常に学び続ける姿勢が求められます。

最新のAI事情を知っているだけで、社内の課題や問題に対する解決策の幅が圧倒的に広くなります。

身近な各業界におけるAI活用の最新動向5選

医療業界

画像認識で病気を検出!富士フイルム

引用:http://docodoor.net/logo/logo0051m/

今まで医者の目で行なっていた画像による診断をAIの画像認識技術で行えるようになってます。

富士フイルムのAI画像診断サービス「CAD」は撮影された臓器を画像認識AIにかけることで、病変を自動検知することができます。

人の目ではどうしても見落としがあったり、スピードに限界がありました。しかし、画像診断にAIが導入されることで、人よりも早く正確に診断できるようになり、今までは人の目で発見できなかったような小さな疾患を発見できるようになりました。

AIが診断するのが普通の時代になれば、今まで以上に国民の健康レベル向上を実現できるのではないでしょうか。

建築業界

AIが現場監督に!Doxel

引用:http://ieiri-lab.jp/it/2018/03/doxel-ai-construction-mgt.html

人に代わって建築現場の現場監督になってくれるAIです。

あらかじめ設計図やスケジュールをAIに仕込んでおくことで、現場を動き回りながら設計図から離れている部分やスケジュールから遅れている部分を教えてくれます。

建築業界は特に人手不足が深刻な業界です。

現場監督をAIが代替することで新しい労働力として活躍が期待できます。

製造業界

AIが不良品の発生を防止!オムロン

引用:https://www.healthcare.omron.co.jp/zeroevents/

オムロンはAIを使って製造設備を監視し、不良品の発生を防止する技術を開発しました。

不良品が発生した際のデータをAIが分析し、製造設備が正確に動いているかを管理します。

不良品対策は製造業にとって重要な課題であるだけでなく、その検知には多くの人手が割り当てられています。

その部分にAIを導入することで、日本の製造業に多大な貢献をすると期待できます。

農業業界

AIロボットが自動で作物を収穫!スマートロボティクス

引用:https://robotstart.info/2019/10/15/smarobo-tomato.html

農業における収穫をAIロボットで自動化できるようになっています。

スマートロボティクスはトマトの収穫を自動化するロボットを開発しました。

収穫は農業の約半分を占める重労働です。

ただでさえ人手不足が深刻な農業ですが、ロボットで自動化することで業務効率化につながるのではないでしょうか。

配達業界

家庭の電力データから配送ルートを自動生成!不在配送ゼロ化AIプロジェクト

東京大学は不在配送ゼロ化AIプロジェクトにより、宅配業者の再配達問題の解決を目指しています。

各家庭に設置されたメーターから取得された電力データをAIが学習し、配達時刻における在宅予測に基づいて配送ルートを自動生成します。

配送試験では98%の配送成功率を記録しました。これは不在による再配達を9割以上削減したことを意味します。

まとめ

医療や製造業、農業などありとあらゆる業界がAIによって全く新しい形として生まれ変わろうとしています。

AIが今以上に発展し活用されるようになれば、今まで人が担っていたムダが削減され業務効率化につながるのではないでしょうか。

そして、日本で深刻化する人手不足問題もAIによって解決できます。

今後の日本の明るい未来を実現するために、AIの動向に目が離せません。

2019年11月1日 2019年11月19日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する